定義は夜間に1度以上トイレに起きなければならない状態を指す | 残尿感・夜間頻尿の原因と改善法

残尿感・夜間頻尿の原因と改善法

夜間頻尿の対策・改善法の解説。男性も女性も30代を過ぎると誰もが残尿感を感じるようになるって本当?

◆残尿感・夜間頻尿の原因と改善法の解説(もくじ)

◆定義は夜間に1度以上トイレに起きなければならない状態を指す

 最近夜中になると尿意を感じてトイレに行くようになってきた。更に夜中にトイレに起きる回数も少しずつ増えてきたように感じる。このような症状は夜間頻尿の合図かもしれません。

◆夜間頻尿の定義とは?

【夜間頻尿とは?】

 夜間頻尿に悩む高齢者が急増していることが近年の調査により明らかになってきております。

 この急増している原因は、夜間頻尿に関する排尿障害の実態が広く認識されるようになってきたこと。

 そして急速に進む日本の高齢化社会に伴って高齢者の人数、年齢層が増加する流れに比例して症状の発症者も増加していると考えられます。

※夜、就寝後から起床時までの間にトイレにいく回数が少しずつ増えてきたように感じる。
残尿感があり常に尿意がある為に熟睡ができず寝起きがとても辛い。

 このような症状は夜間頻尿状態にある方の典型的な症状のパターンです。思い当たる方はいらっしゃいますか?

 この夜間頻尿という言葉自体は実は医学的な専門用語ではありません。

 一般的な定義としては、「夜間におしっこをする為に1度以上起きなければならない状態」を夜間頻尿と呼んでおります。

◆夜間頻尿が進むと1日2回以上トイレに起きるケースも

 夜間頻尿にあたる状態とまではいかなくても、

◆夜眠っている時に強い尿意を感じるようになってきた
◆実際に就寝後に時々トイレに行くようになってきた
◆日中もやや残尿感を感じる
◆おしっこの出方が弱くなってきた

 以上のような症状を感じて始めている場合は夜間頻尿の予備軍と言えるかもしれません。

 夜間頻尿の症状は男性よりも女性に多く発症する傾向があり、また加齢に伴って徐々に発症割合が高くなることが確認されております。

 但し男性の場合は前立腺肥大症と呼ばれるとても発症確率の高い病気によって頻尿症状を発症しやすくなるため、男性も女性も加齢に伴って夜間頻尿になりやすくなるということは間違いないと言えるでしょう。

 夜間頻尿の症状をもたらす原因はひとつの要因から発症するケースは稀で幾つかの要因が合わさって症状が現れるようになることも徐々に解明されてきております。

 就寝後に排尿の為に起きなければいけない回数についても最初は数日に1回程度であったのが、毎日となり、更に毎日2回以上排尿の為に起きなければいけない症状となるケースもめずらしくありません。