ものもらい対処法

目の病気ものもらい症状の感染原因、点眼剤治療・処置・治療期間の解説。

◆点眼剤治療と治療期間

 ものもらいを既に発症してしまったら?ものもらいはここまで解説してきた通り、細菌感染に寄って症状を発症する感染症です。その為、既に症状を発症している場合はすぐに治療を開始…(続きを読む)

◆ものもらい薬物治療の実践

 ものもらいの治療は、基本的に「抗菌薬」を主体とした治療を実践していく事になります。ものもらいの原因となる細菌はブドウ球菌と呼ばれる細菌類です。ですから、ブドウ球菌…(続きを読む)

◆点眼療法の実践

 ものもらいの治療では、体の内部から治療を行う内服薬による薬物治療とともに点眼療法を併用して患部の炎症を内部と外部から抑制していきます。点眼療法…(続きを読む)

◆ものもらいの治療期間

 軽度のものもらい症状では、これらの治療で基本的に1〜2週間程度で症状は回復し元通りの正常なまぶたに戻ります。目に関する病気の中では比較的症状が軽くしっかりとした治療を行うことで完治までの日数…(続きを読む)

◆ものもらいに効く目薬・点眼剤

 ものもらいに効く目薬にはいったいどのような目薬があるのでしょうか?細菌に効く目薬であってもやはり目に刺激が強すぎたり、使用しにくい点眼剤…(続きを読む)

◆黄色ブドウ球菌を退治

 ものもらいは、目や目のまわりに付着した細菌(ブドウ球菌)が化膿性の炎症を起こす目の病気です。細菌の感染経路としては、●まぶたの皮脂腺…(続きを読む)

◆抗菌剤入り目薬について

 ものもらいは細菌により炎症を起こす目の病気ですから通常の目薬をしても治療効果は得られません。その為、治療を行う際の目薬は抗菌作用…(続きを読む)