タンパク質分解酵素の種類

rna分解酵素・アルコール・脂肪・DNA・グリコーゲン・アクチニジン・アセチルコリンなどのたんぱく質分解酵素の種類・作用・働きの解説

◆タンパク質分解酵素の種類(もくじ)

◆DNA分解酵素を切断する制限酵素

【遺伝子組換えの技術に欠かせない制限酵素】

 最近は多くの食品などに遺伝子組換え技術が利用されるようになってきております。

 これは遺伝子組換えの技術が近年急速に向上してきたのが原因です。

 納豆などのパッケージの表紙には「遺伝子組換えでない」という表記がわざわざされているようになったことからも遺伝子組換え食品が多く存在している証と言えます。

◆制限酵素の分類

 遺伝子組換えの際に主力として活躍している酵素。
 それが制限酵素です。

 制限酵素は、2本鎖のDNAを切断する働きがあり配列を認識する能力を保持しております。

 尚、制限酵素の分類としては
●T型制限酵素
●U型制限酵素
●V型制限酵素

 の3つの型に分類されます。