タンパク質分解酵素の種類

rna分解酵素・アルコール・脂肪・DNA・グリコーゲン・アクチニジン・アセチルコリンなどのたんぱく質分解酵素の種類・作用・働きの解説

◆タンパク質分解酵素の種類(もくじ)

◆DNA分解酵素を切断する制限酵素

 アセトアルデヒド脱水素酵素はアルコール摂取時の代謝産物であるアセトアルデヒドを無害化するために重要な役割をもつ酵素のひとつです。ここではアセトアルデヒド脱水素酵素によるアルコールの分解過程を確認します。

【アルコールの分解過程で活躍するアセトアルデヒド脱水素酵素とは?】

 アセトアルデヒドとは、アルコールが体内に侵入した際に分解された代謝物です。

 アセトアルデヒドは急性アルコール中毒などでも知られるように毒性を持っていることで比較的広く知られております。

 アルコールの分解の際にはアルコール分解酵素の働きによってアセトアルデヒドが代謝物として発生します。

 その代謝物を分解し無害化するのがアセトアルデヒド脱水素酵素です。

◆アルコールの分解過程

 お酒を飲む方の場合はアセトアルデヒド脱水素酵素の存在がとても大切に感じられるかもしれません。

 アセトアルデヒド脱水素酵素が体内に存在しなければ、私たちの体は直ぐに中毒症状を発症してしまうようになるためです。

 尚、アルコールの分解の流れは以下のような流れで分解されていきます。

【アルコールの分解過程】
@アルコール
Aアセトアルデヒド
B酢酸
C炭酸ガス
D水

 アルコールの摂取をするとアルコールは体内で残れないためにこのような分解過程を得ることが必須となってきます。
⇒関連記事日本人はアルコール分解酵素が少ないって本当?